RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< 初取材!! | main | 紛争とDVの共通点 >>
チンパンジー≒ヒト
今週の「女性と平和」は、現代の安全保障の考え方、戦時下で女性が受けている被害の実態、そして平和のために女性が何ができるかといった講義でした。

戦争を巡る議論はいろんな方向からできると思うのですが、あえてジェンダー的に考えると、ここで重要なポイントは
“鏗下圓箸覆觸性をどうしたら救えるか
⊇性だから貢献できることは何か
といったところだと思うのですが、△鮃佑┐訃紊如非常に面白いお話を伺ったのでご紹介します。

チンパンジーは、人間に最も近い動物であることは知られています。
政治経済学者のフランシス・フクヤマはこの2つの動物に見られる共通点があると言っています。
同一種同士の殺し合いをするのは人間とチンパンジーだけ。
そして、
オス(男性)は競争や暴力的手段で仲間集めを行い強いものが権力を握るが、
メス(女性)は暴力的手段は好まず、気の合うもの同士で仲間集めをする
傾向がある、と。
つまり、女性がより政治参加することにより、世界の争いごとが減り、平和な社会が訪れるというのがいいたいところですが、この論に対してはやはり様々な批判もあるみたいです。
「女性だって相当攻撃的だ!」
「男だって好きで戦争をしているわけじゃない!」
などなど…

私個人的には「男女の違い」を意識することには意味があると思っていて、少し前に流行った女脳や男脳の話なんかにはすごく興味があります。
自分の考えや行動に癖があること、そのルーツを知ることでそれを克服する努力をすることもできる。
また逆にそれを活かすこともできると思います。

フランシス・フクヤマについては、
・Literally Memodesuko Mudaidesuvic
・太田述正コラム
でわかりやすく説明されているのでご興味ある方は見てみてください。
| 女性と平和 | 23:15 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
一見愛嬌のあるチンパンジー同士が殺し合うなんて…まあ人間も人間同士どころか内戦のように同朋で殺し合ってしまう位ですけど。
それに女脳、男脳みたいな話はおもしろいですよね、おっしゃるようにまず知ることは自己の成長、他者との協調の第一歩ですもんね。
それにしても面白い講義を受けてますね!
大学の時は遊んでばかりでまともに講義を受けた記憶がないですが、勿体ないことをしました…
このブログを見て私も講義を受けた気分になってみます。
| chokujin27gou | 2006/05/30 8:35 AM |










http://blog.bizwoman.jp/trackback/227260