RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< 毎週木曜発行のR25 | main | 期待と満足 >>
「女性と平和」まとめ
あっという間に一週間経とうとしていますが、先週土曜日の「女性と平和」最終講義の内容をご紹介します。

5回の中で唯一男性のスピーカーだったのですが、特に「女性」にフォーカスしてという話ではなく「平和」にわたって、包括的な視点での講義でした。
講師の野村彰男さんは、もと朝日新聞の記者をされていて、海外を飛び回って色々な現場を経験している方でした。
野村先生が、とにかく、幾度と無く繰り返していたのが
「多様性への寛容・多様性の尊重」
が必要だということ。

グローバリゼーションや情報化によって、自分とは全く違う価値観を持った人(国であったり、民族であったり、宗教であったり)と出会ったり、考えに触れる機会が増えました。
(私個人的にはそれはいいことなのだと思っています。)
ですが、悲しいことに、今地球上で起こっている争い、諍い、衝突は、色々な価値観が交わろうとしているところで起きています。
異なった価値観が出会った時に、どうしても力のあるものの価値観をもう一方に押しつけてしまうことが原因として挙げられます。
そんなやり方では価値観の共存は到底難しく、むしろそれは両者の間に深い溝を作ってしまうことが多いです。
価値観の共存、あるいは融合のための条件は
ー綣圓謀確な情報を与えること
⇒燭┐蕕譴疹霾鵑鬚發箸房綣圓冒択の余地を与えること
が必須だということでした。

また、野村先生は、職業柄か、色々な名言を織り交ぜながら、心に響くお話をしてくださいました。

一つ挙げると
「未来は楽観主義者のものである。悲観主義者はすなわち傍観者である。」
という言葉。
ここでいう楽観主義者は、多分昨日いただいたコメントでいうところの「解決できる力があると自分を信じるタイプ」に近しい考え方なのだと思います。
問題や課題を並び立てることも必要かもしれませんが、自分を信じること、明るい未来を信じることが何より大事ですね!!
| 女性と平和 | 02:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
必要最低限というか必須というかそういった問題、課題すら認識しないのはただの…ですから、現実をとらえたうえでどうポジティブな方向へ解決していくかが大事ですよね。
明るい未来を築けるかいなかは自分達の努力次第、また未来の世代に対する自分達の責務だったり。
生まれたからには何か世の中の役に立ちたい、という言葉、忘れられません。私も微力ながらそうありたいと思います。
約1か月、講義お疲れ様でした。講義の一端ではありますが、無知な私には勉強になりました。
| chokujin27gou | 2006/06/16 5:05 AM |

ちなみに、解決できる力があると信じること、私はこれを楽観主義ではなく、これこそが人間としてのプライドと思っています。それは知識、経験あらゆる物に裏打ちされるものであり未熟な私にはまだまだ持ちえないもの。だからこそ日々精進の大切さを感じます。
連続してすみませんでした!
| chokujin27gou | 2006/06/16 5:11 AM |










http://blog.bizwoman.jp/trackback/259954