RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< 一歩前を見ること | main | 浴衣で花火! >>
できる感覚
昨日は曲を弾く最中の大事なことでしたが、
曲を完成させる過程で体験出来る大事な感覚についてです。

それは、
最初は暗号のような譜面が、
読めるようになる
一音聞いて次のフレーズを思い浮かべられるようになる
何も見なくても弾けるようになる
という風に、練習していく過程で日々自分の成長を確認していく感覚です。

一度
「出来るようになる」
という感覚を味わうと、
「出来ない」
ことに対してすごくポジティブに楽観的になることが出来ます。
「今は出来ないけど、練習すれば3ヵ月後には弾けるようになる!」
という風に、目標という名の思い込みです。

できれば、自分の子供なんかにも、そういう感覚を身につけてもらいたいな(もちろん、努力しなくてもなんでもできちゃう天才児だったらそれはそれでいいですけどね!)と、思います。
| bizwoman関連 | 20:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
試験勉強なんかにも似たような事が言えますよね。最初は何を書いていいのかわからない。次に少し書けるようになる。更に書けるようになる。そして良い成績をとって成功する自分をイメージする。悪い成績によって現実を痛感することもあるけど。ただ出来る事もあるから割り切りという名のポジティブな気持ちでいられる。
ニーチェ曰く『死に物狂いの剣士からも満足した豚からも等距離に離れていたところで、それはただの凡庸である』
子がまずこの気持ちを持って、次に畑瀬さんのおっしゃる感覚を持てれば天才児じゃなくてもいい人生を送れるはずです。
| chokujin27gou | 2006/07/28 10:29 PM |










http://blog.bizwoman.jp/trackback/317478