RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< 「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」 | main | 小旅行@高尾 >>
Time is Medicine
このようにして、食べたり、本を読んだり、新しい出会いをしたりして、旅を終えたのですが、今回の旅もまた、6年前のバリと同じ様に、「身の回りで起こった悲しい出来事」が引き金になっていました。
そして何ともばかばかしいことに、結果的に6年前と同じ状態になってしまいました。
つまり、旅に出ようが出まいが状況は何も変わらないということです。

人は忘れてしまいたいことほどことさらに覚えているもので、それは強制的にできることではないようです。
そして、私はこの悲しい出来事を「忘れる」事は絶対にできないのであって、「受け入れる」べきなのかなと思いました。
それにはやっぱり時間というものが必要かもしれません。
本当にどうしようもないことは、下手にもがくのではなく、「放って置く」というのも一つの解ですね。
| 日々の出来事 | 22:04 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
hypostasization buttony burn sinsyne malattress monostrophics epithelize precontently
<a href= http://www.cnn.com/2000/US/01/07/2000.auto.show/ >Would you buy this car</a>
http://www.tokai-rika.co.jp/en/

働く女性を幸せにするブログ
| Lionel Hurst | 2007/12/17 4:17 PM |










http://blog.bizwoman.jp/trackback/352237