RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< ひとり酒 | main | 壁の破り方 >>
女性の仕事史(by渡邉嘉子先生)
副題を、
「仕事」も「女性の人生」も大切にしてきた日本女性
として講義をしてくださった渡邉嘉子先生は、リクルートの広告研究誌、「HUMAN・AD」の編集長などのお仕事をされている方です。
本当に、’など’と表現するしかないくらい色々な活動をされていて、キャリアカウンセラー、大学講師、「女性たちの情報化研究会」会長、シャンソンと幅広い分野で活躍されています。

本題に入りますが、講義の内容を簡単にご紹介したいと思います。

女性が働くことに関して様々な制約があった時代から、現代は職業自体も選択肢が増え、働き方も多様化して、それぞれの環境や能力、目的に合わせて職業を選ぶことができるようになっているといいます。

今後の女性労働をめぐるテーマになるものとしては大きく2つ、それぞれ日本国として具体的に数値目標が定められています。
―性リーダー増加へ(2020年までにリーダの3割を女性に)
⊂子化問題に対する歯止めを(現在の1.25%から将来1.4%へ引き上げる)

そして、男性の意見も大きな変化が見られます。
女性が働くことに対して、肯定的な男性の割合が、その他の意見を持つ男性の割合を抜き、多数派となっています。
つまり、男性も女性が働くこと、働き続けることを望む時代になっている、ということですね。

政府や男性の協力を得て、現代女性である私たちは、かつての女性が羨む様なチャンスを手にしようとしていることは確かなことのようです!
とはいえ、今までとは異なるバランスや、これまで意識してこなかった能力を求められることになるのですね。
| 日本の女性 | 22:57 | comments(2) | - | - | - |
◆∈F新内閣が発足し少子化担当etc大臣に女性の高市さんが選出されましたね。私も少子化については関心が高いのでどうなるのか気になりました。欧州等同様日本でも着実な効果を期待したいですね。
女性が台頭し、女性が働く事に肯定的な意見が多くなってきた今、優秀な女性に負けないよう、上手く協力できるよう男性側もよりレベルの高い能力、新しい能力を身に付けなければならないのですね。
逆に女性は男性にどういった役割(?適当な表現が思いつきませんが)を求めているのでしょうか。
| chokujin27gou | 2006/09/26 5:21 PM |

>逆に女性は男性にどういった役割(?適当な表現が思いつきませんが)を求めているのでしょうか。

面白い議論になりそうですねー!!
私個人的には、「自律性」や「協力姿勢」、そして女性の成長のための「相乗効果」を期待しますけどね。
それから、やっぱり力仕事は男性にお任せしたいです。冗談ではなく、女性が男性の領域に、男性が女性の領域へ進出しようが、やはりどうしても男性にしかできないこと、女性にしかできないことがあり、その存在はすごく大事なものだと思います。
そうでなければ一緒にいる意味がなくなってしまいますから。

他の女性のみなさんは、どうでしょう?
| chikage | 2006/09/26 9:16 PM |