RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< メディアと女性の生き方 | main | お母さんへ >>
三方よし
近江商人の血を継いでいるという田原さんは、昔から、『三方よし』でなければならない、と教えられて育ったそうです。
つまり、
’笋蠎蠅茲掘↓買い手よし、世間よし
の精神です。

言い方は色々あると思うのですが、
当事者だけでなく世間の為になることを、
周りのためだけでなく自分にとっても良いことを、
...とにかく全部良くなきゃだめなんだ、ということらしいですが、私はこの欲張り加減が好きです。
なんと1754年の書物に書き記されているらしいのですが。

女性の生き方と言うところにブレイクダウンすると、面白いですね。
「主婦」を職業と考えるならば、
それは当事者(=子どもや夫、家族)との関わりの中でプラスを生んでいく、愛とか安らぎだとか教育という要素なのだと思います。

その場合の世の中との関わりというと夫が働きやすい環境、子どもが育ちやすい、学びやすい環境の提供ということになるのかなと思います。

三つ目の「よし」をもっと違う角度から追求していきたいというのが女性の社会進出と言えますね。

ただ、こうしてみると今まで取れてきたバランスをやはり崩してしまうことになるというのは懸念されますね。
バランスを崩そうとしている当事者として、(もちろん女性の力だけではどうにもならない部分もありますが)女性としてどう補っていくかというところも考えなければなりませんね。
| 日本の女性 | 19:03 | comments(0) | - | - | - |