RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< 東北出張 | main | 店長の夢 >>
夢、希望、目標
最近聞かれて困り果ててしまった質問があります。

「あなたは夢を持っていますか?」

これには自信を持って

「はい」

と答え、

「ではその夢は何?」

と聞かれたとき、頭に浮かんだことは

「インドに行きたい」
とか
「幸せな家庭を築きたい」
とか
「bizwomanを成功させたい」
といったものがつらつらと。

でも、質問した相手曰く、それは夢ではないと。

インドは行きたいと思えば行ける。
幸せな家庭も、bizwomanも。

それ以後、「夢を持つこと」が目下の目標となりました。
| 日々の出来事 | 23:43 | comments(3) | - | - | - |
夢って、実現の可能性が限りなく0に近い、理想の目標なんだろうね。自分は、子どもの頃描いていた夢は残念ながら30を過ぎた今でも夢のままだな。その途中までのステップは踏んできた自信はあるけど、目標に変わっているほど、もっと努力していればよかったな、と思う。
それでも、これからも努力をし続ける事が大事なのだろうね。
| tessy | 2006/11/19 12:27 AM |

>tessyさん

そうですね、実現の可能性が0に近いようなとてつもないことが「夢」なんですよね。
だから自分の限界を知れば知るほど夢は持ちにくくなってしまう。
tessyさんが言うように、
「その途中までのステップを踏んできた」のは夢があったからこそ、なのであればその夢って実現できてなくても十分存在価値があるものですよね。
| chikage | 2006/11/19 2:18 AM |

bizwomanが目指している社会が畑瀬さんの夢なのだと思いますよ。

自分以外の人に対する思い

自分だけでは実現できない事、それが夢なのだと思います。

tessyさんの言うように
努力をし続ける事を楽しませてくれる目標を持てる日々を送れることは幸せですよね
| 後藤 | 2006/11/19 4:44 AM |