RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< 夢、希望、目標 | main | 雨の日の過ごし方 >>
店長の夢
昨日夢について書いていて、夢について語っている人を思い出しました。

学生時代に小さな小さな喫茶店でウエイトレスのアルバイトをしていたのですが、そこの店長は、
「死ぬまでに一度インドに行くのが僕の夢だ!」
と言っていて、
私が
「じゃあ、お店休んで行ってきたらどうですか?」
というと、
「まだ、行っちゃだめなんだ。神聖な場所だから。」
と言い返されました。
ちょっとその時の私には理解不能だったのですが、今になって思えば、
きっと、彼にとってその夢があるから今の仕事が頑張れる。
逆にそれがなくなったら仕事のモチベーションが保てない存在なのかもしれないですね。

夢は、いつも遠くにあっていいものかもしれませんね。
もし叶わなくても、あるだけで幸せな気分になれて、頑張れてしまうものの様な。
| bizwoman関連 | 20:41 | comments(2) | - | - | - |
夢ってさ、おっきくわけて2種類あると思うよ。

一つは、千景の言う遠くにあってアドレナリンの出る夢。それから、努力で叶う手近な夢。。

遠くにある夢ってさ、なかなか叶わないから、めげた時に更に落ち込む素材になる。だけど、頑張って叶う夢がたくさんあると、小さな喜びでアドレナリンが出て、いつかそこへ辿り着けるという、遠い夢への自信にもなるのよね。

私は目先の事に捕われすぎて、本来の夢をわすれてますが。。
| riezo | 2006/11/20 12:02 AM |

>riezoさん

「努力で叶う手近な夢」!!
そういうものを常に近くに置いておく事は、妄想やさんにならないためにすごく必要ですね。

riezoさんが言うように、状況によってどこにピントを合わせるかって、すごく大事な事なんだと思います。
| chikage | 2006/11/20 2:41 AM |