RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

働く女性を幸せにするブログ

<< クーラー病に注意。 | main | 男性の視点から >>
男性の視点から
今日は、働くことについて、このブログを見てくださっている男性の視点からの意見を戴いたので、それについて少し。

曰く、
「女性にとって、働くという選択肢が実現していっているけれども、男性には、逆に働かないという選択肢が(ほぼ)ないので女性が羨ましいよ、、」
ということでした。

確かに、男性にとっての仕事と女性にとっての仕事の位置づけは、今のところ異なっているように思えます。

ただ、これはあくまでも、「まだ女性が働くという選択肢を獲得した初期である現在」のところ、の話なのではないかなと思います。
少し前に頻繁にトピックに挙げていた「女性の二極化」にも見られるようなことが、今後は男性にも起こって(増えて)いくのではないかなと。

漠然とした表現になってしまいましたが、続きは後日!
| bizwoman関連 | 22:38 | comments(2) | - | - | - |
「まだ女性が働くという選択肢を獲得した初期である現在」がすすめば、
"主夫" という選択肢の可能性が少しは増える訳で...
... うまいこと進めば...という感じでしょうかね..

自分で決められる意志のある人にとっては
選択肢が増えるのはよいことだと私は思います

IT系技術者で家事が結構すきな
私は在宅勤務兼業主夫にちょっと憧れはあります(笑)
| ksk | 2007/09/09 11:07 AM |

>ksk

主夫に憧れている男性、実は結構知っています(笑)
女性の社会進出も然りですが、誰しも自分が知らない世界に憧れを抱くものではあるかもしれません。

あれほど美味しいチキンのトマトソース煮を作れればいつでも主夫になれますね。
| chikage | 2007/09/09 9:36 PM |